So-net無料ブログ作成
書籍・専門誌 ブログトップ
前の10件 | -

雑誌「フィッシング・カフェ」 [書籍・専門誌]

先日のことですが、ある知人の方から、初めて見る雑誌を譲ってもらいました。

こちらです。
290810フィッシングカフェ2017秋号 (2).JPG

フィッシング・カフェ2017年秋号(第57号)です。気が付きませんでしたが、既に57号まで出ています[exclamation×2]

珍しいことに釣り具メーカーのシマノが直々に発行しています・・・。

釣り専門チャンネルの釣りビジョンにも同名の番組があります。また、同名のHPもあります。

そのHPによれば、「フィッシング・カフェ」プロジェクトというものがあり、「釣りを愛するすべての人に、これから釣りを始めてみようという人たちも、気ままに集ってお茶でも飲みながら釣りについて語り合う「カフェ」そんな思いを込めました・・・」とあります。

今の時代、書籍だけではなくテレビやHPなど複数の媒体を組み合わせて情報を発信していくことが流れのようです。

そういえば「フライフィッシャー」が季刊になった際、確か同じようなコンセプトだったような・・・。

コメント(0) 

フライの雑誌第112号 [書籍・専門誌]

数日前のことですが、仕事から帰宅するとお馴染みの山吹色の封筒が届いていました[exclamation&question]

290801フライの雑誌112号 (3).JPG

フライの雑誌第112号(2017年秋号)が到着です。
290801フライの雑誌112号 (4).JPG

今回はオイカワ特集です。
290801フライの雑誌112号 (1).JPG

私はまだオイカワを狙った釣りはしたことがありませんが、フェイスブックで当社のサイトを覗いてみたところ、既に追加オーダーが入っているそうでかなり人気があるようです。

コメント(0) 

ラストとなる『月刊』フライフィッシャーを購入 [書籍・専門誌]

本日(7/28)、仕事帰りにギル神田店に寄ってきました。

お目当ては、月刊誌としては最後となるフライフィッシャー2017年9月号です。

290728フライフィッシャー2017年9月号(月刊誌ラスト).JPG


「『フライフィッシャー』季刊化に向けて。」という連載陣からの寄せ書きのページがある一方で、「Flyfisher ONLINE近日始動。」という告知も。

今後は、1、4、7、10月の年4回発行になるそうです。何か感慨深いものがあります・・・[もうやだ~(悲しい顔)]

一方でウェブサイトも覗いてみましたが、既に公開されていました[exclamation×2]。こちらには期待感も・・・[グッド(上向き矢印)]。複雑な心境です。

いずれにしても、この9月号は永久保存版になりそうです。

コメント(0) 

兄の北海道釣行の道しるべ [書籍・専門誌]

今日(6/24)は、実家に行く用があったので、先日の兄の北海道釣行について、得意話を聞いてきました・・・。

兄は、帯広エリアに目を付けていましたが、その道しるべとなったのがこちらです。
290624続渓流釣り北海道 120河川.JPG

書籍名: 続・渓流釣り北海道 120河川ガイド
著者: 塩田彦隆  

監修: 道新スポーツ・週刊釣り新聞ほっかいどう
発行日: 2012年6月5日 初版第1刷
発行所: 北海道新聞社

「続」というのがミソで、超有名河川ではないところが紹介されていて、そこを狙ったようです。
 

コメント(0) 

時代の流れ? フライフィッシャーも・・・ [書籍・専門誌]

昨日(6/23)、仕事帰りにギル神田店に寄ってきました。

フライフィッシャーの8月号を購入です。
290623フライフィッシャー2017年8月号.JPG

今回の特集記事は、8月号だけに「テレストリアルの夏」です。

一通り目を通して巻末のページに目をやると・・・[exclamation&question]

「『フライフィッシャー』は、生まれ変わります。」との文字が[exclamation×2]

次号の9月号で月刊誌としては終了し季刊誌としてリニューアルされるそうです[exclamation×2]

創刊から30周年の節目に創刊当時の季刊誌に戻るとのこと。

ただし、近日中にウェッブサイトを立ち上げるそうで、多様な方法でフライフィッシングの情報発信の役割を継続するそうです。

インターネットの普及に加え、釣り人口、フライフィッシャー人口の高齢化のなせるワザでしょうか・・・[たらーっ(汗)]

 

コメント(0) 

フライフィッシャー2017年7月号 [書籍・専門誌]

今日(5/24)は、ギル神田店に行って来ました。

目的はこちらの雑誌の購入です。
フライフィッシャー2017年7月号 (1).JPG

フライフィッシャー2017年7月号です。

特集記事は、「中禅寺湖の静謐と昂奮」と「視力が落ちても、釣りはできる。」です。

私の場合は、既に老眼が相当に進んでいるので、特に後者に関心があります・・・[ダッシュ(走り出すさま)]

なお、ギルの店頭に、ブログ「ギル神田店情報」未掲載品と書かれたタグが付いた商品があり、つい目が行ってしまいました・・・[exclamation&question]
 

コメント(0) 

フライフィッシングファンを購入 [書籍・専門誌]

今日(4/13)は、ギル神田店に行って来ました。

そしてこちらの書籍を購入です。
45フライフィッシングファン.JPG

書籍名: フライフィッシングファン
発行日: 2017年4月6日
発行:  (株)コスミック出版
監修:  稲見一郎

この雑誌は「もしも一生幸せになりたいなら・・・フライフィッシングを覚えなさい」がキーワードのフライ入門誌のようです。

表紙を入れてちょうど100ページしかありませんが、入門書にしては密度が濃いなと思って監修者を確認してみたところ、どこかで聞いたような名前でした・・・[exclamation&question]

水道橋にあるフライ・ショップ「ハーミット」を経営されている稲見氏です。

これで納得です[exclamation]
 
コメント(0) 

フライの雑誌111号到着! [書籍・専門誌]

先日(4/1)、秋川湖に行こうと外に出たところ、郵便受に見慣れた色の封等が・・・。
290401フライの雑誌111号1.JPG

フライの雑誌111号が到着です。
290401フライの雑誌111号2.JPG

「2017初夏号」です。

今回の特集記事は「よく釣れる隣人のシマザキフライズ」です。

マシュマロフライが沢山出ているほか、読み応えのある記事が多数掲載されています[グッド(上向き矢印)]
 


コメント(0) 

フライフィッシャー2017年5月号 [書籍・専門誌]

今日(3/30)は、ギル神田店に行ってきました。

今回は雑誌を購入です。
290330フライフィッシャー2017年5月号.jpg

フライフィッシャー2017年5月号です。

今回の特集記事は「渓流が待っている」「春のフライパターン100」です。

幾つか懐かしい川が紹介されていることもあり、早速食い入る様に見ています。

まだまだこの時期は、日によって寒く水も冷たいのですが、木の葉や雑草もまだ生えていないほか、クマやヘビそしてスズメバチも気にしなくて良いため、実は一番フライフィッシングに適している時季かもしれません。ただしクマは冬眠しないものもいるそうなので気を抜けませんが・・・。

ここしばらくは、防寒対策をしっかりして大いに楽しみたいところです。
  


コメント(0) 

フライフィッシャー2017年4月号 [書籍・専門誌]

一昨日(2/23)は、ギル神田店に行ってきました。

今回はこちらを購入です。
290224フライフィッシャー2017年4月号.JPG

フライフィッシャー2017年4月号です。

今回の特集記事は「フックの迷宮」です。

現在解禁前の準備を進めている最中ですが、最後はフックを補充しようと思っていたのでグッドタイミングです。

既に2月1日に解禁となっている長良川のレポートも載っています。
 
ついでにこちらも購入してきました。
290223シェイク黒.JPG

ドライシェイクの黒です。解禁に向けスローペースながら準備は取りあえず進んでいます・・・[たらーっ(汗)]
 


コメント(0) 
前の10件 | - 書籍・専門誌 ブログトップ