So-net無料ブログ作成
釣りノウハウ(実釣編) ブログトップ
前の10件 | -

教えることは学ぶこと・・・!? [釣りノウハウ(実釣編)]

先日(6/28)の養沢釣行で、フライ釣行が初めてという方から声を掛けていただいたので、不肖私がお教えすることになったことをご報告していました[たらーっ(汗)]

今後また同じような機会があるかもしれないため、間が空きましたが備忘的に振り返っておきたいと思います。これから始めようとしている方にも多少なりとも参考になれば幸いです。

この場所でお教えしました。
270710教えることは学ぶこと.JPG

ポイント①まずは実際に釣っていただいて、しばらく様子を見てからアドバイスするように心がけました。お教えする前に、何が出来て、何が出来ていないかを見極めるようにしました。

ポイント②キャスト時の問題として、初めての方はフォルスキャストが多すぎ、結果としてティペットやライントラブルが多くなる傾向があること。(養沢に来る前に一度キャスト練習に参加されていたたので、基本は出来ている感じでしたが、それでも一生懸命ロッドを振っている感じでした。5~6m程のキャストであれば、フォルスキャストは無しか1回で十分だということをお教えしました。)初めての方は、とにかく飛ばそうとしてロッドを前後に沢山振ろうとする傾向があります。

ポイント③キャスト時にライン、リーダー、ティペット、フライが一直線に着水するようにすること。そのため無理して距離を稼ごうとしないようにアドバイスしました。(着水時に魚の警戒心を少しでも少なくするため、そしてフライを咥えたときにアタリを出やすくするため、更にはアワセが遅れないようにするためにも極めて大切なことです。)

ポイント④アタリを分かってもらうこと。(最初のアタリはマーカーが少し沈んだのですが、分からなかったそうです。何回かアタリがあって少しずつアタリが分かったようでした。いろいろなアタリがあるため、今アタッタよと言葉で伝えてあげながら、徐々にわかっていただくようにしました。)

ポイント⑤アワセを出来るようにすること。(最初はアワセがなかなか決まりませんでした。というのもキャスト後ロッドを持たない方の手でラインを持つことがルーティーンになっていなかったのでした。そのためキャストしたら必ずラインを持つ癖を付けるようお教えしました。また、流れがあるためキャスト後ラインが弛んできますが、ロッドティップの位置を動かさないようにしつつそのラインの弛みを取ることをお教えして徐々にフッキング出来るようになりました。)実は以前釣りビジョンで初めての女性にメンディングすることも教えている映像をみましたが、アタリがあってもアワセることが出来ず可哀そうにボーズに終わっていたのを思い出しました。このため敢えてメンディングをお教えしませんでした。メンディングは、ラインを必要以上に長くしかも曲げて出してしまいかねないため折角アタリがあってもアワセが難しくなるだけで、最初にお教えする内容ではないと思っています。シンプルイズベストです。

ポイント⑥ランディング出来るようにすること。(フッキングしたら魚の抵抗を吸収するようにロッドを立てること、そしてラインをゆっくり引いてくることをお教えしました。)また魚を必要以上に傷めないようにするため、自らが水に入り、陸上に上げないこともお教えしました。

以上のプロセスを経て、約1時間で待望の1匹ゲットされました。そしてその後、自力で3匹ゲットされたようです。

C級の私が偉そうなことを言いましたが、この一連の流れをお教えする中で、自らも改めて基本を学ぶというか再確認することが出来て、貴重な経験になりました。


小渓流のルースニング(その10/最終回) [釣りノウハウ(実釣編)]

小渓流におけるルースニングのプチテクシリーズも、今回の第10回で最終したいと思います。

これまで私のやっていること=いわば経験から得た「引き出し」を、縷々ご紹介してきました。

このほかにも、①立ち位置を変える。これにより毛ばりとマーカーの位置関係・流れ方が変わるので魚の活性が上がることがあります、②ティペットをより細いものに替える、③それでもダメな場合は釣り場を暫く休ませる等、まだまだいろいろ考えられますが、冗長に過ぎるので、ここで終了したいと思います。

このシリーズでお伝えしたかったのは、「ルースニングは決して待ちの釣りではなく、むしろ攻めの釣りである」ということです。今回ご紹介したテクが全てではありませんので、自然相手の様々な条件下で、3次元の釣りを思い思いに工夫し楽しんでいただければ幸いです。

この画像は、以前養沢の中流域にある遠藤前の流心を狙った時のマーカーです(分かりづらいですが画像中央にマーカーが流れています)。
270423ルースニング.JPG

上流方向に誘いをかけたあとに、毛ばり先行で流したときのものです。このあとアタリが出てマーカーが沈みました[グッド(上向き矢印)]

長々とお付き合いいただき有難うございました。

なお、明日からはまた通常モードに戻りたいと思っておりますので、引き続き宜しくお願いします。


小渓流のルースニング(その9) [釣りノウハウ(実釣編)]

小渓流におけるルースニングのプチテクシリーズの第9回になります。

前回は、意図的に毛ばりを動かして魚を誘うテクについて典型的な例をご紹介しました。

これで、釣れない、或いは数匹釣れた後にアタリが遠のいた場合には、最後の手段として、毛ばりを交換するようにしています。

ここでは、毛ばりのローテーションについて、私が基本としているもの(これが全てではありませんが)をご紹介します。
270303養沢用ニンフ.JPG

毛ばりを交換する場合の変化の要素は大きく3つあります。

①まずはフックサイズですが、私は基本的に大きいサイズから使うようにして、反応が鈍くなると徐々に小さくしていきます。養沢では、14番→16番→18番→20番というように交換しています。反応が極渋の時は、途中を飛ばし14番から一挙に20番へ換えることもあります。

②次に毛ばりの色ですが、私は場を荒らしたくないためまずはナチュラル系を使用し、途中でアピール系にシフトしています。場所が混んでいて移動が出来ないケースでは、アピール系で飽きられたと思ったら、またナチュラル系に換えるようにしています。具体的には、茶・黒系統→黄・白系統→茶・黒系統・・・・・・と交互に換えるようにしています。

③最後はウェイトや形状です。但し私のフライボックスはバリエーションに欠けるため、ここでは形状の話はしません[たらーっ(汗)]。ウェイトについては、狙う場所の流れの速さと深さによって最初に使う毛ばりを決めると以前ご紹介したところですが、この後は、実際の魚の動き等で判断しています(予め順序を決めるようなことはしていません)。魚が深いところに定位している場合は、一番重いビーズヘッドからスタートしますが、魚が水面近くを意識しているように感じたら、敢えて軽い毛ばりに換えて様子を見ることもあります。

以上はあくまで一つの考え方ですので、これにとらわれることなく、自由な発想でフライボックスを眺め、思いつくままに換えて行くことをお奨めします(続く)。


小渓流のルースニング(その8) [釣りノウハウ(実釣編)]

小渓流におけるルースニングのプチテクシリーズの第8回になります。

今回は、ラインにテンションを掛けずに毛ばりを自然に流しても反応がない場合の対応として、2つ目のテクをご紹介します。

それは意図的に(不自然に)毛ばりを動かして魚を誘うテクです。

不自然な毛ばりの動きがそれまで反応がなかった魚のやるきスイッチを入れることは、よくあることです。この誘いは私がルースニングをする際に一番効果を挙げているテクニックです。

大きく3つの誘い方がありますので、ご紹介します。

①毛ばりを浮上させる=毛ばりを自然に流してしっかり沈めた後、ラインをピックアップする寸前に、ラインを数秒止める(張る)ことで、流れの力で毛ばりを少し浮上させます。この直後にアタルケースが多いので多用しているテクニックです。アタリは、マーカーが下流方向に大きく引っ張られる場合と、ラインを緩めた反動でマーカーが少し戻ったような小さな場合の両方がありますので、おかしいなと思ったらアワセてみることをお奨めします。

②毛ばりを流れに逆らって上流側に動かす=①の動きに加え、ロッドを上流側に少し動かすことにより、毛ばりを浮かび上がらせながら上流側に30~50cm程動かします。この誘いも非常に効果的です。動かしている間や動きを止めた直後にアタリが出るケースが多いので油断は禁物です。  
また、これをラインを小刻みに引いて大々的に行うといわゆる逆引きになりますが、流れ込みを上流側からしか狙えないようなシチュエーションでは、この逆引きが効果的な場合があります。このケースでは、アタリはマーカーというより直接ロッドに伝わってきますのでそのタイミングでアワセます。

先週の養沢釣行で尺ヤマメをゲットしましたが、この②の誘いの直後に来たものでした。
270418養沢11.JPG

③毛ばりを流れに対して横切らせる=毛ばりが十分に沈んだところで、ラインを手間に引くことで、毛ばりを流れを横切るように動かします。これで誘われた魚が毛ばりの後を追いかけてくる動きをよく見ることが出来ます。

いずれの場合も、水中の魚の動きを見ながら誘ってみることが大切です。魚に毛ばりを追う動きが出ればチャンスです。繰り返しますが、誘いを入れている最中やその直後にマーカーが動くことが多いので、アワセが遅れないようご注意ください。

ルースニングでは「自然に流してダメな場合は敢えて不自然な動きで誘うこと」を心掛け、積極的に毛ばりを操作してみることをお奨めします。

ただしラインが水面を叩くような乱暴な動きは場を荒らすだけでマイナスになるケースが多いので、積極的にと言っても静かに誘うことがポイントになりますのでご注意ください(続く)。


小渓流のルースニング(その7) [釣りノウハウ(実釣編)]

小渓流におけるルースニングのプチテクシリーズの第7回になります。

前回は毛ばりを魚が定位している狙った層に沈めるためのキャスト時の落としどころについてご説明しました。

今回は魚の定位する層にいよいよ毛ばりを流す場面です。

まずは、毛ばりを自然に流します。といってもティペットやマーカーが水の抵抗を受けるためドライのナチュラルドリフトとは多少異なります。

ここでいうところの自然にとは、「ラインにテンションをかけず、流れに任せてマーカーと毛ばりを流すこと」を言います。

これでマーカーに首尾よくアタリが出れば、メデタシ、メデタシとなるわけですが、先行者に叩かれたりしてプレッシャーがあるとそう簡単には行きません。

こうした場合、毛ばりを交換する選択もありますが、その前に試した方が良いことが幾つかあります。

ここからのキーワードは「あの手この手で」、「手を替え品を替え」です。私はドライ同様ルースニングも好きですが、ルースニングの面白さはこの辺りにあります[exclamation×2]

釣り場では、ひたすら流すだけで殆ど変化を付けていない方もお見かけしますが、私は誘いのテクで魚と勝負することが好きです。かなり大袈裟ですが・・・([たらーっ(汗)])。いわば積極的に攻めていく釣り方です。

私の場合、毛ばりを交換する前に大きく2つのことを試すようにしています。

今回はそのうちの1つをご紹介します。

それは、キャスト(着水)位置を変えたり、マーカーの位置を小まめに調節することにより、毛ばりが通過する流れ(レーン)や沈める層(レンジ)を変えることです。

①まずは、毛ばりが流れるレーンを変えてみます。流心ではなく、流心の奥や手前を探ると結構アタル場合があります。実践では流心から突然魚が出てきて毛ばりを咥えてくれることも多いので、敢えて魚から少し距離を置いて毛ばりを流すことも意外と有効です。

②これでダメな場合は、今度は毛ばりが流れるレンジを変えてみます。ここでウキゴムで留めるタイプのマーカーが威力を発揮してくれます。マーカーを小まめに調節し魚が定位しているところより少し浅いレンジを流したり、逆に少し深いレンジを流したりして様子を見ます。

流れるレンジが違うだけで、急に反応がよくなるケースがありますので是非お試しになることをお奨めします。
270420ルースニング.JPG

いろいろ試した結果、こんな感じで釣れてくれると格別です(続く)。


小渓流のルースニング(その6) [釣りノウハウ(実釣編)]

小渓流におけるルースニングのプチテクシリーズの第6回になります。

今回は、いよいよ釣り場でキャストする段階です。

まずは、魚のいるレーンの上流に毛ばりを落とすようにキャストするのですが、ここで重要なのは、着水時にマーカーと毛ばりの間のティペットがしっかりストレートに伸びていることです。着水直後やティペットが伸び切る前に魚が毛ばりを咥えることが良くあり、この場合折角毛ばりを咥えてくれたにもかかわらずアタリがマーカーに出ないからです。

毛ばりとマーカーの比重や形状(空気抵抗)が違うためなかなか真っ直ぐに伸びないことが多いので、距離を欲張らないことがミソです。むしろ着水直前にほんの少しラインを手前に引く感じにした方がしっかり伸びてくれますので、お試しください(ただし引きすぎるとティペットがマーカーに絡む等、トラブルも起こるので、加減が重要ですが・・・)。

ここからは、毛ばりの動きに合わせていろいろとこまめに調節していくことが重要です。毛ばりが狙ったとおりの流れ(レーン)と深さ(レンジ)を通過すればよいのですが、そうでないときには、毛ばりの着水位置や、マーカーの位置を小まめに変えるなどしてアジャストしていきます。

なおこの時、思うように沈まない場合はその理由を考えることが重要です。①毛ばりとマーカーがともに流されてしまうのか、②毛ばりがマーカーを引っ張るように流されてしまうのか、③それとも逆にマーカーが流れに乗ってしまい毛ばりを引っ張ってしまうのか。理由によって対応が異なってきます。

①の場合は、毛ばりとマーカーの着水位置を変えて、狙っている早い流れの奥の緩やかな流れに落として毛ばりがある程度沈んだところで手前に引いて流れに乗せる方法があります。また、毛ばりをより重いものに変更すること等が考えられます。

②の場合は、毛ばりの着水位置を変えて、早い流れの奥の緩やかな流れに落とし毛ばりがある程度沈んだところで手前に引いて流れに乗せる方法があります。また、毛ばりをより重いものに変更すること等が考えられます。

③の場合は、マーカーの着水位置だけ早い流れの手前の緩やかな流れに落とすことで調節する方法があります。また、マーカーの位置を変え、毛ばりとマーカーの距離を長くするなどの方法も有効です。

画像上に赤と黄色の線を引いてご説明します(初めての試みですがうまく行きません[たらーっ(汗)])。分かりづらいと思いますが、赤い線が流心で一番流れが速いレーンです。黄色の線はその横の少し流れが緩いところです。
川の流れ1.gif

この黄色いところに一旦毛ばりやマーカーを落とすことにより毛ばりを沈めやすくすることが出来ます。

とにかくいろいろ試行錯誤して狙ったレンジに毛ばりをしっかり沈めることが大切です。なお、いろいろ試してダメなら、その場所に固執せずに、別の場所を狙うことも大切です。この画像のプールでも狙う場所は沢山あります。例えば赤い線の途切れた下流などです(続く)。


小渓流のルースニング(その5) [釣りノウハウ(実釣編)]

小渓流におけるルースニングのプチテクシリーズの第5回になります。前回は、釣り場での毛ばりの選択と、マーカーと毛ばりの距離(長さ)についてご説明しました。

今回は、魚を狙ってキャストする直前のノウハウです。

1つ目は立ち位置です。魚は流れに向かって定位しますので、通常上流を向いています。ということで、魚をむやみに警戒させないため、可能であれば少し下流側からアプローチすることをお奨めします。岸辺の状況によって、やむを得ず上流側に入らなければならないときは、出来るだけ岩に隠れるか身をかがめるかします。また、水にはなるべく立ち入らずに、岸から2、3歩下がることをお奨めします。この辺りはドライフィッシングと一緒です。

先日ようざわ便りに掲載された写真で解説します。
20150405養沢0.jpg

写真右が上流になります。

この時、プールの上流から1/3程のところにキャストして、プールの半分から下あたりの魚を狙っていました。このため、プールのかなり下流側に立っています。なお、魚が掛かって取り込んでいるところなので、岸辺に近づいていますが、それまでは岸辺から2、3歩下がっていました。

さて立ち位置が決まった所で、いよいよキャストするわけですが、その前にもう一つだけしておくことがあります。それは、毛ばりを岸際の川の中に一旦落として水を吸わせ馴染ませることです。未使用の毛ばりは浮力があり意外と沈まないケースがあるので、これを防ぐのが第一の目的です。

それと同時に、毛ばりの沈み方を目で確かめておくことも重要です。イメージしている沈み方と実際の沈み方が思いのほか異なるケースが多いので、ここで確認しておくことをお奨めします。

毛ばりを実際に流す際には、直接的にはマーカーの動きを見るわけですが、同時に毛ばりが水中のどの辺りを流れているかをイメージすることが釣果を得る上で重要です。毛ばりの沈み方を知っておくことはこの点からも極めて大切ですので、キャスト前に必ず確認する癖をつけることをお奨めします(続く)。


小渓流のルースニング(その4) [釣りノウハウ(実釣編)]

小渓流におけるルースニングのプチテクシリーズの第4回になります。これまでは、タックル、マーカー、毛ばりについてご紹介してきましたが、いよいよ、釣り場でのノウハウ編です。

釣り場に着いたら、まずは狙う魚がどのレーン(流れ)やレンジ(深さ)にいるか確認します。それにより2つのことを決めます。

1つ目はどの毛ばりを使用するか、2つ目はマーカーと毛ばりの距離をどの程度の長さにするかです。
2704マーカーと毛ばり.JPG

以下私の経験から得た原則的なことを記します(あくまで私の考えですのでお含みおきください)。

流れが速い流心周辺の深い位置にいる場合・・・毛ばりはビーズニンフのように出来るだけ沈みやすいものを選択します。マーカーと毛ばりの距離は、魚が定位する深さ(レンジのことで水面から底までの水深のことではありません)の1.5倍程度にします。ティペットが受ける水の抵抗が強いことから長目にしないと毛ばりがティペットに引きずられてしまい沈まないためです。

流れが緩やかで深い位置にいる場合・・・毛ばりはビーズニンフかコーパーワイヤ若しくはレッドワイヤのものを選択します。マーカーと毛ばりの距離は、魚が定位する深さの1.2倍程度にします。

流れの速い流心近くの浅い位置にいる場合・・・毛ばりはビーズニンフかコパ―ワイヤ若しくはレッドワイヤのものを選択します。マーカーと毛ばりの距離は、魚の定位する深さの2~3倍にします。ティペットが受ける水の抵抗が強いことと、マーカーを出来るだけ魚から遠ざけて通過させるために長目にするものです。これにより浅いところに位置する魚の警戒心を高めさせないようにします。

流れが緩やかで浅い位置にいる場合・・・毛ばりはノンウェイトかコパーワイヤ若しくはレッドワイヤのものを選択します。マーカーと毛ばりの距離は、やはり魚を警戒させないように、魚の定位する深さの2~3倍にします。

なお、浅い・深いは感覚的な言葉ですが、養沢を例にとると、その目安は50cmより浅いか深いか程度のものとお考えください(続く)。


小渓流のルースニング(その3) [釣りノウハウ(実釣編)]

少し間が空きましたが、小渓流におけるルースニングのプチテクシリーズの第3回です。今回は使用する毛ばりのウェイトについてです。

私の場合、沈みやすさの違いで、大きく3つのウェイトタイプを用意しています。
2704ルースニング用フライ.JPG

①ビーズニンフ(写真左端)。以前比重の話題をアップしたことがありましたが、真鍮製とタングステン製のものがあります。タングステン製の方が重く沈みやすいです。

②コパーワイヤニンフ(写真左から2番目)及びレッドワイヤニンフ(写真左から3番目・レッドワイヤ(鉛)はダビング材の下に巻いてあるので見えません)。どちらも比重的にはほぼ同じです。

③ノンウェイトのニンフ(写真右端)

これらを沈みやすい順に並べると、①>②>③の順になります。

養沢クラスの小規模河川では、この3つのタイプを用意すれば十分ですが、これで沈みきらないようでしたら、毛ばりから10cmほど上のティペットにスプリットショット(いわゆるガン玉)を付けることで調節すると良いと思います。

因みに、私はスプリットショットをベストに入れて携行しているものの、トラブルを減らしたいこともあり出来るだけ使用しないようにしており、養沢では実際に使用したことはありません。

なおこの写真では、茶・黒色系の毛ばりをご紹介しましたが、カラーバリエーションとして、対照的な色合いのものをもう1色用意すると良いと思います。私はアピール系の黄色を用意していますが、混雑していて他の場所に移れない時などに毛ばりを交換することで目先を変えることが出来て、釣果をそれほど落とさずにすんでいます。

申し遅れましたが、フックサイズは16番を中心に使用しています(続く)。


小渓流のルースニング(その2) [釣りノウハウ(実釣編)]

小渓流におけるルースニングのプチテクシリーズの第2回は、ドライでは使用しないウキともいうべきインディケーター(以下マーカーと呼びます)についてです。

まずマーカーの種類と特徴をおさらいしておきたいと思います。
インディケーター.JPG

写真の上段の2つは、ティペットに貼る使い捨てタイプのものです。ドライをやっていてすぐにルースニングに変更したい場合に、毛ばりをティペットから取り外すことなく素早く装着出来るというメリットがあります。一方で、タナ(毛ばりとマーカーの距離)の調節をしようとしてマーカーを一旦動かしてしまうと、その後位置がズレ易くなるため、実質的にタナの調節がしにくいという面があります。また、発泡スチロール系の軽い素材で出来ていることから、風(空気)の抵抗を受けやすくキャストがしにくいという面もあります。さらに魚が毛ばりを咥えた時の繊細なアタリが出にくい感じがします(個人的感想です)。私は一応ベストに忍ばせていますが、養沢では使用したことはありません。

次に写真下段左のマーカーですが、こちらは、マーカーにスリットが入っていて、そこにゴムが貼られているタイプで、ここにティペットを挟んで使用します。こちらも先程のものと同様に着脱が簡単です。加えて、タナの調節も簡単に出来るという長所があります。ただし、使用している間にマーカーが動いてズレやすいという側面があります。

最後は写真下段の真ん中と右のタイプですが、こちらは、両サイドを小さなウキゴム(ゴム管)で留めるタイプのものです。ティペットに付ける際には、一旦フライを取り外し、ゴム管を2つティペットに通す手間が必要になります(老眼の私にはチョット大変な作業です[たらーっ(汗)])。しかし、タナの調節(短くするのも長くするのも)が簡単に出来るうえ、一旦固定するとまずズレることもありません。

このほか羽根で出来ているもの等もありますが、私はこのゴム管で留めるタイプのものを使用しています。特に素材が木で少し重くまたシャープな形をしていて、キャストしやすくアタリも出やすい一番右の「グレイン・スーパーマーカーⅡ」を好んで使用しています。

実は、長年ご紹介した順番で試してきて、現在このスーパーマーカーに行き着いた次第です。

なお、タナを調節する際には、一旦ゴム管からマーカーを外してから、ゴム管を動かすことをお勧めします。マーカーを付けたままゴム管を動かすと、ティペットが擦れて傷ついたりパーマ状態になってしまうからです。こうなるとアタリが取りづらくなる上、切れやすくなるのでお気を付け下さい(続く)。


前の10件 | - 釣りノウハウ(実釣編) ブログトップ